効率的に行いたいキャッシングの申込み

個人が消費者金融会社から融資を受けたいのであれば、キャッシングというサービスが最適です。
限度額内で融資を受ける事ができ、融資されたお金は利用者の用途に合わせて使用する事が出来ます。このキャッシングを利用するには、消費者金融会社に申込みを行う必要があり、その申込み方法には、いくつかの選択肢が用意されています。今までは自動契約機を利用したり、電話で申し込んだりといった方法がよく使われていましたが、近年ではスマートフォンの普及と共にWeb申込みを利用する人々が増えています。

即日で融資を受けたいという時には、出来るだけ効率的に申込みが出来て、早く審査に臨める方が良いですので、Web申込みは多くの利用者にマッチした申込み方法となっています。
Web申込みは、消費者金融会社の公式サイトから行う事ができ、申込みの際には本人確認書類を画像データにして所定のフォームから送信する必要がありますので、デジタルカメラやスマートフォンのカメラ機能で写真を撮っておきます。Web申込みを使った場合、平日14時までに申し込んでおきますと、消費者金融会社での審査が早期に行われるようになります。
その為、最短で30分で審査結果を通知すると謳っている消費者金融会社のサービスを申し込んでいるのであれば、審査を通過する事で即日融資を受けられるようになります。

無利息のカードローンとキャッシングのいずれが便利に使えるのか

テレビコマーシャルや街のポスターなどでよく見掛ける無利息のカードローンは、新生銀行などが展開している個人向けの融資サービスの一種です。
このカードローンの特徴は、利息を一定期間無利息にしたり、期間限定である一定の金額まで無利息にしたりします。
この無利息のカードローンは、返済総額を圧縮させる事が出来る為、ユーザーの間で人気があり、キャッシングと比較して、結果的にユーザーの負担が軽減します。

キャッシングは、消費者金融会社が広く展開している融資サービスであり、長年のノウハウによって、消費者金融会社各社は独自性の高いサービスを行っています。
無利息のカードローンと同じような無利息サービスを実施している消費者金融会社もありますが、大半は従来型の10%台の金利を課している個人向けの融資サービスです。
女性が利用しやすいように、消費者金融会社の女性従業員が各種手続きの対応を行っているレディースローンもキャッシングの一種であり、女性の利用者から支持されています。

無利息のカードローンとキャッシングは、いずれが便利に使えるのかは、ユーザーの用途次第となってきます。
出来るだけ元金に近い金額で返済をしたいのであれば、無利息のカードローンを活用し、利便性の高さを選ぶなら、キャッシングを使うという選択が可能です。

カードを速やかに受け取れるキャッシングの自動契約機

キャッシングの申し込みでは、よく自動契約機が活用されています。カードを早く受け取りたい時は、それは大変便利だからです。
キャッシングの申し込みをした後は、基本的にはカードは受け取る必要があります。いわゆるATM機器などで利用可能なカードを受け取って、融資を受ける事になるからです。

ところでキャッシングのカードは、郵送も可能ではあります。自宅に送ってもらう事も可能ですが、それは早さに関わるデメリットがあるのです。
郵送という手段ですと、どうしても時間がかかってしまいます。数日ほどかかってしまう事が多いですから、急ぎのニーズには不向きな一面があるのです。

むしろ自動契約機です。契約機の場合は、自宅近くに立地している事も珍しくありません。近所にある契約機でしたら、申し込み当日に受け取る事も大いに可能なのです。
WEBなどで申し込みをした上で、ちょっと自宅近くにある契約機に足を運んで、カードを受け取る事もできます。郵送と比べれば、明らかにスピーディーなのです。

ただし契約機の営業時間などは、少々注意を要します。夜中の時間帯に契約機で手続き可能なら良いですが、営業時間外の事もあるからです。
ですから契約機でカードを受け取る前に、受け付け時間などは確認しておく方が良いでしょう。

キャッシングで借りた金を返せなかった場合

キャッシングをしたときに不安になることとして、取立ての厳しさがあります。よくやくざ映画などでは暴力団が机を叩いたり、複数人で債務者を取り囲んで脅すようなシーンが映ります。確かに、以前は苛烈な取り立てが行われ、一家が離散するようになるケースもありました。

しかし現在は、法律が整備され、苛烈な取り立てをした場合に刑事罰に処せられるケースも発生してきました。

例えば、電話を執拗にかけて相手に畏怖を与え病気にした場合、傷害罪に当たります。傷害と言うのは、普通ナイフで刺すなど怪我をさせるイメージがありますが、人間の身体の機能を侵害することが傷害の定義です。

また、良くあるのが債務者が承諾していないのに勝手に家に侵入した場合には、住居侵入罪が、債務者が帰れと言ったにも関わらず、帰らない場合は不退去罪が適用される可能性があります。

傷害罪に関しては有期懲役に服さなければなりませんが、住居侵入や不退去については比較的軽いと考えられるため、執行猶予になったり不起訴になったりします。それでも、過酷な取り立てをした場合には、マスコミに取り上げられ、会社のブランドが傷つく可能性があります。

キャッシングで借りた金を返すことは当たり前にしなければなりませんが、返せなかった場合でも、債務者が身体的な不利益を被ることはありません。

キャッシング限度額はどうやって決まるの?仕組みを解説

キャッシングでは限度額を決められます。これはそのサービスで借りれる上限金額のことで、100万円なら100万円まで借りれることを意味します。これが10万円だと10万円までしか借りれないことになり、サービスの使いやすさに直結しますが、どうやって決まるのでしょうか?

これには明確な基準があります。年収の3分の1の金額が基準となります。借入できる金額は業者が自由に決められるのではなく、法律による指定があります。その基準が年収の3分の1と決まっているため、限度額もそれを基準に決まるのです。

なぜなら、利用を開始したあとにいくら借りるかは、限度額までを限度に利用者が自由に決められるからですね。キャッシングはATMなど使って自由に借りれるサービスで、利用金額などをキャッシング業者が事前にチェックするわけではありません。

その人に貸せないと判断した金額は限度額に設定できないため、法律の基準となる年収の3分の1までのところで、限度額を設定されるのが基本です。ただし、実際の限度額は業者の判断も入るため、年収の3分の1も貸せないと判断されたら、それ以下のところで限度額を決められます。

そのような判断を受けやすいのは、勤続年数が短かったり、他にも利用中の借入があったりするときです。実際の限度額は審査を受ければわかりますから、気になるときは一度申込みしてみるといいでしょう。

アルバイトでもキャッシングは利用できるか

キャッシングでお金を借りようと考えている方の中にはアルバイトをしているという方もいらっしゃるかと思います。

必需品が壊れてしまって買い換えなければならないけれどお金が足りない、飲み会が多くて出費がかさみ、バイト代でまかないきれないなど様々な理由があるでしょう。しかしアルバイトでキャッシングを利用することは出来るのかと疑問に思うものですね。

実はアルバイトでもキャッシングを利用することは可能です。基本的な金融業者の審査申し込みの基準を見てみると、20歳以上65歳未満の安定した収入がある方としている事が多く、その収入の量には言及していないことが多くなっています。つまりたとえアルバイトであっても毎月安定した収入があり、きちんと返済ができれば問題なく借りることが出来るのです。

バイト先の在籍確認などが必要になる場合も多いため、予めバイト先にそのような電話があるということを伝えておくなど対策をしておくと良いでしょう。

また、はじめての利用ならば一定期間無利息でお金を借りることができるという金融業者を利用すれば、純粋に借りた分のお金のことのみ考えればよいため返済計画も立てやすくなります。

勿論収入があっても審査に落ちてしまうこともあるため過信するのは禁物ですが、どうしてもお金が足りなくなってしまったときなどにはうまく活用したいものですね。

キャッシングの返済には繰上返済を活用しよう

キャッシングの返済で利息額を少なくするためにはいくつかの方法がありますが、もっともオススメしたいのは繰上返済を活用することです。

キャッシングの通常の返済では毎月返済する返済金額はまずは、前月の借入元本から計算された利息額に先に充当されます。そして、返済金額から利息額に充当された残りの金額が借入元本に充当されることになります。もちろん、借入元本が多いとそこから計算される利息額は多くなりますから、結果的に借入元本に充当される金額は少なくなってしまうことになります。

そうなれば、次月以降の利息額の計算もあまり減少していない借入元本から計算されることになります。つまり、キャッシングを利用した初期段階は借入元本が減少しにくいということが言えるのです。

しかし、このキャッシングのなるべく初期段階で繰上返済を利用すれば話は違います。繰上返済を利用して返済された金額は利息に充当される分はありませんから、繰上返済された金額のすべてが借入元本に充当されることになります。

つまり、繰上返済金額分はすべて借入元本を減少させることになります。次月からも減少した借入元本から利息額が計算されますから、繰上返済の効果は大きいのです。

キャッシングは主婦でもできます

家計管理しているのは主婦というケースが多いですし、夫のお給料でなんとかやりくりしていますが、たまにお給料日前になると金銭的に厳しいことがあり、そういう時はママ友はどうしているんだろう?と思い、自宅に集まった時に聞いてみました。主婦でもキャッシングを利用できるとのことで、利用限度額は少ないけど銀行系のキャッシングは利用できるよ〜と教えてもらい、申し込みする時には、収入証明書の提出も不要で、健康保険証など本人確認できる書類の提出のみで夫のサインなどは不要なことも知り、ウェブサイトから銀行系のキャッシングへ申し込みすることにしました。

消費者金融のキャッシングは、パートなど働いていることが条件なので主婦はキャッシングの申し込みができませんが、銀行系だと手続きできることを知り、ウェブサイトから申し込みして家族に内緒でキャッシングの発行ができたので、なかなか良かったです。審査結果や利用明細書なども自宅への郵送がありませんし、色々と手厚いサポート内容にもかなり満足しています。銀行のATからキャッシングすることができますし、他の人にあやしまれることがないので安心してキャッシングが利用できることはなかなか満足感あります。

キャッシングで利息を払い続けるのはバカらしい

会社で飲み会があった時、参加40人位に対しておかみさんが1人で料理など出していたので時間がかかり、しかも前の席に座っていたのが上司ばかりでした。食べ物も不味く、ワインだけは飲み放題だったので、ワインをチビチビやるしかなかったのです。その内やっと食事が少しずつ出たのですが、上司よりいっぱい食べる訳にいかず、ワインばかり飲み過ぎて、夜帰る時記憶を失くしました。

気がつくと知らない白い部屋で、そこは病院でした。急性アルコール中毒で私は救急車で運ばれたのです。気持ち悪いしお腹は下るし、頭も痛いし死ぬ思いでしたが、なんとか一泊で帰れる体調になったので、旦那が迎えに来てくれました。しかし入院費が一泊なのに五万円もかかり、そんなお金はないので、さすが病院もATMを備えてあるため、そこで降ろして来いと言わんばかり。仕方なく使えるカードを必死に探して、即お金をキャッシングしました。こんなことは初めてでした。

すぐにお金を下ろせたのは便利でしたが、カードを持ってなかったら大変でした。銀行のカードを持っていたらよかったのですが、普段は持ち歩かないので、JCBカードが使えたので何とか入院費を払うことが出来ました。払えたのはよかったのですが、五万円をリボ払いで毎月五千円ずつ返却することになり、利息が高いので結局全額返すのに一年近くかかりました。銀行でおろせれば、まだ利息はかからずに返せたはずでした。それがとても不愉快で困りました。キャッシングは利息が高すぎます。

もしお金を借りなければならない状況になって、キャッシングやカードローンに頼らなければならないなら、お金を貯めて一気に残りの残金を返却する方が良いと思います。利息を払い続けるのはバカらしいと思います。