無利息のカードローンとキャッシングのいずれが便利に使えるのか

テレビコマーシャルや街のポスターなどでよく見掛ける無利息のカードローンは、新生銀行などが展開している個人向けの融資サービスの一種です。
このカードローンの特徴は、利息を一定期間無利息にしたり、期間限定である一定の金額まで無利息にしたりします。
この無利息のカードローンは、返済総額を圧縮させる事が出来る為、ユーザーの間で人気があり、キャッシングと比較して、結果的にユーザーの負担が軽減します。

キャッシングは、消費者金融会社が広く展開している融資サービスであり、長年のノウハウによって、消費者金融会社各社は独自性の高いサービスを行っています。
無利息のカードローンと同じような無利息サービスを実施している消費者金融会社もありますが、大半は従来型の10%台の金利を課している個人向けの融資サービスです。
女性が利用しやすいように、消費者金融会社の女性従業員が各種手続きの対応を行っているレディースローンもキャッシングの一種であり、女性の利用者から支持されています。

無利息のカードローンとキャッシングは、いずれが便利に使えるのかは、ユーザーの用途次第となってきます。
出来るだけ元金に近い金額で返済をしたいのであれば、無利息のカードローンを活用し、利便性の高さを選ぶなら、キャッシングを使うという選択が可能です。

カード会社が無利息でキャッシングしている期間でなるべく返そう

実家から離れて1人暮らしをするため引っ越しをしたのですが、その時は家電を現金で買う余裕がありませんでした。

まだその頃は成人したばかりだったので審査に通るか不安だったんですが、限度額を引く設定すれば通りやすくなると定員さんに聞いたので、家電製品売り場のカードローンに申し込みをしました。

カードローンの仕組みや利息などがよく分からずにいましたが、とりあえずは家電が買えればいいと思っていたので、何回払いなども月々支払う金額が安い方が良いと思って10回払い以上でやっていました。

たしかにリボ払いなどは月々の支払い額が一定なのでそんなに負担にはならなかったので良かったです。

しばらくの月は返済だけしていたのですが、限度額まではまた借りられると知って、次は現金一括では厳しい家具もカードローンで買ってしまいました。

月々の返済自体は一定なので家計を圧迫することはないものの、返済期間が延びたのと利息を合わせたら現金で買った方が良かったものもカードローンにしてしまって返済が大変でした。

カードローンを組む際には返済計画をしっかりと組んでから申し込むことをオススメします。

またリボ払いは利息が膨らむことがあるので、なるべくは避けた方がいいと思います。

またカード会社が無利息でキャッシングしている期間でなるべく返せるように、無理のないキャッシングにした方が良いと思います。